乾燥肌 赤み

乾燥肌と赤みの悩みを改善したい

乾燥肌で顔に赤みが出てしまうのはなぜでしょうか?

 

それは顔の中でも真皮に毛細血管は張り巡らされていて、それが肌を通して透けてみえるのが、顔の赤みです。

 

肌が乾燥すると、皮膚が刺激と戦うために炎症を起こすので、それによって血流が良くなり、顔が赤くなってしまいやすくなります。

 

したがって、顔が赤くなるというのは、決して悪いことではありませんが、気になる箇所にもなるので、改善させたいという人も多いでしょう。そのためには根本の原因である乾燥肌を治す必要があります。

 

顔が赤くなってしまった場合、肌が戦っているということもあるので、その顔に塗るのはできるだけ低刺激のものが良いでしょう。

 

今は敏感肌用の化粧水も沢山販売されているので、できれば敏感肌用のもので、さらに乾燥肌用のダブルで対処してくれるようなオールマイティーな化粧水がおすすめです。

 

顔の赤みを解消するためには、まずは肌を乾燥から守ってあげることが大切です。

 

乾燥する肌を改善することができれば、自然と赤いのも治っていくはずです。また、顔が赤くなるのと同時にかゆみも発症する場合もあるので、ひどくなる前に治すことが求められます。

 

とりわけ20代から30代の肌は、乾燥に弱くなっているので、肌の調子がいつもと違って悪いということがあれば、原因を突き止め、早めに対処するようにしましょう。

 

冷暖房のきいた部屋にいるとそれだけで肌に外的刺激となることもあるので、オフィスでのエアコン対策も抜かりなく行ないたいものです。